あなたはどっち派!?医師の求人にある非常勤と常勤の違い

常勤で働くことのメリットやデメリット

医師の求人を探す場合、常勤か非常勤かという点に注目することも忘れてはいけません。働き方のスタイルに応じて特徴が異なるため、どのような違いがあるのか理解したうえで仕事を選ぶようにしましょう。

例えば常勤で働くことの最大のメリットが、給料が安定しているという点です。安定した収入が確保できれば、ローンなども組みやすくなります。また常勤のほうが、非常勤よりも雇用が安定しているというメリットがあげられます。一方で常勤におけるデメリットの1つが、休みが確保しにくいケースもあることです。職場によっては残業や夜勤が多く、休日が安定して確保できません。休みの取りやすさは職場によって違いがあるため、その点も含めて求人を探すようにしましょう。

非常勤のほうが時間に余裕がある!?

常勤の医師として働くのではなく、非常勤を選択する方も多くいます。では非常勤を選択することには、どのようなメリットが存在しているのでしょうか。最大のメリットが、非常勤のほうがスケジュールが組みやすいという点です。多くの非常勤の場合、常勤よりも残業や夜勤の回数が少なくてすみます。また休日も確保しやすいことで、日々のスケジュール管理がしやすくなっています。そのため家庭と仕事を両立したいという方の中には、非常勤で働く方も多くいます。ですが医師の非常勤の場合、病院の経営が悪化すると契約を切られやすいという注意点があります。働くうえでのリスクも把握したうえで、どのような雇用形態を選ぶか決めることが大切です。

© Copyright Career Control. All Rights Reserved.